Windows Phone 8.1アプリ、Windows 8.1ストアアプリの多言語化を支援するツールキットの"Multilingual App Toolkit"(MAT)ですが、 Windows 10 UWPアプリ、Xamarinアプリの多言語化をするにはv4.0のベータ版が必要です。 現在はv4.0.1466.0ベータ版がVisual Studioのギャラリーで公開されているようです。 注意点としては、説明>NOTEにあるように現時点のMAT v4.0ベータ版はMAT v3.1と互換性がなく、MAT v4.0ベータ版を導入したVisual StudioでMAT v3.1で多言語化を有効にしたプロジェクトを開けなくなります。 対応策としては、手動でプロジェクトファイルを編集して、"多言語化対応を外す"作業のあと、"(1) MAT v3.1環境に戻す"もしくは"(2)Read More →