[========] RN-42XVPの設定 BluetoothモジュールのRN-42XVPを実際使ってみます。 RN-42XVPはそれ自身でBluetoothのペアリングを行い、RFCOMMで通信します。 このBluetooth通信の設定は、PCからRN-42XVPにUSB-シリアル変換アダプタで接続して行います。 RN-42XVPとUSB-シリアル変換モジュールは次のように結線します。 USB-シリアル変換モジュールのドライバが必要ならインストールしておきます。 :::text RN-42XVP ⇔ USB-シリアル変換 VDD (1pin) ⇔ VDD TX (2pin) ⇔ RX RXRead More →

RN-42XVPとは mbedからBluetoothのRFCOMMで通信を行うモジュールの1つであるmicrochip社のRN-42XVPを紹介します。 RN-42XVPはUARTのTX/RX/RTS/CTSのピンを持っていて、mbedからはシリアル通信でデータを送受信するのと同じように見えることが特徴です。Bluetoothの処理はRN-42XVPが行うため、mbedのプログラムではbluetoothであることを意識する必要がありません。シリアル通信で外部と連携する機器のシリアル通信の回路をRN-42XVPに置き換えることで、簡単に無線で連携する機器へ変えることができます。 (RN41XV-RN42XV Datasheetから引用) RN-42XVPは10個のピンが2列に並んで、プリントパターンによるアンテナが付いた形状をしています。 ピンの間隔は2mm、ピン列の間隔は22m㎜で、いわゆるZigbeeのモジュールと同じピン配列です。 ブレッドボードに乗せる場合は2.54mmのピッチに変換するアダプタを使います。 今回はマルツエレックのXBeeピッチ変換基板ソケットセットを使います。 なお、コネクタとピンを自分ではんだ付けする必要があります。 次回は実際にRN-42XVPを使ってBluetooth通信してみます。

USBドングルによるmbedからのBluetooth連携 以前の記事「BluetoothによるWindows Phoneとデバイスの連携」で Windows PhoneとmbedをBluetoothで連携させるために、mbedのUSBピンに Bluetoothドングルを接続する方法を紹介しました。 このときはUSBスタックとしてmyBlueUSBを使い、RFCOMMでWindows Phone側と連携しました。 myBlueUSBはmain関数を持つプログラムで、そこにデータを受信したときのカスタム処理を記述します。 データ受信のイベントで処理を駆動する形でプログラムを書くのであればこれでもいいのですが、 自分でmainを定義するプログラムにmyBlueUSBは使えません。また、USBスタックのコードで 全体の見通しが悪いのも使い勝手が悪いです。 そこでRN-42XVPを使って、USBやBluetoothのプロトコルを意識することなく、mbedからBluetoothを使えるようにします。

Windows Phone 8.1 developer previewが更新されました。 電話の「設定」⇒「電話の更新」を実行すると更新が検出されるかと思います。 なお、更新後はバージョンはBuild 8.10.12382.878になります。 残念ながら、Windows Phone Blogにはフィードバックに基づいた更新と 書かれているだけで、具体的な更新内容は判りません。 こちらのブログには、マイクロソフトは更新の詳細を公表することを 断ったとありますので、実際に触って変更点を確認するかしかなさそうです。

5/10に六本木ヒルズのgraniさんで開催されたWindows Phone Arch in Tokyo #3に参加しました。 Windows Phone ArchはWindows Phoneの日本におけるコミュニティです。 5月末に開催される日本マイクロソフト公式のde:codeを先取りして、Build 2014の情報に迫るってことで、 Universal Windows Applicationなどの話題が発表されました。 特に気になった話題 今回特に気になったの話題は、WindowsストアアプリとWindows Phoneアプリを統合するアプリモデルである Universal WindowsRead More →

"What’s New in Windows Phone 8.1を読んで(その6)"の続きです。 開発ツール関連 Windows Phoneエミュレータ Windows Phone 8.1エミュレータは複数解像度、マウスでのマルチタッチ入力が追加されていて、 ネットワーク周りも改善されています。 エミュレータの"Additional Tools"を使って、アプリの多くの機能をテストして、 実行時の条件をシミュレートできます。SDカードのシミュレーション、地図上で経路を移動したり、 センサーを止めたり、通知を送ったり、異なるネットワーク速度でテストしたりできます。 Windows Phone DeveloperRead More →

"What’s New in Windows Phone 8.1を読んで(その5)"の続きです。 データ・ストレージ関連 Windows.Storate API Windows Phone 8.1ではストリームベースのファイル関連を除いてWindows.Storage APIをフル実装しています。 このため、File Pickerを使って開いたり保存するファイルを選択できます。 ただし、メモリが少ない端末ではFile Pickerから戻ったときにアプリが終了してしまっている可能性が あるため、別のFile Pickerが用意されています。 ローミングRead More →

"What’s New in Windows Phone 8.1を読んで(その4)"の続きです。 近接通信 近接通信で用いる"近接通信アプリID(proximity app Id)"は、 Windows 8では"<パッケージファミリー名>!<アプリID>"の形式で "b3c3e7ef-371a-464f-a75e-95ddbdcaf974_7fed2v891h66p!App"のような値です。 一方、Windows Phone 8ではプロダクトIDを使った "{1c6379c1-9d5e-4254-8f4c-be7ea24057d1}"の値です。 Windows Phone 8.1とストアアプリがユニバーサル化されて同じパッケージファミリー名をRead More →

"What’s New in Windows Phone 8.1を読んで(その3)"の続きです。 アニメーション XAMLでの開発者がアプリに適用できるよう、WP8.1の全てのアニメーションを 新しいクラスを通して公開する、とあります。 これは、Windows.UI.Xaml.Media.Animation名前空間にあるクラスのことだと思われます。 テキストの拡大 Windows Phone 8.1では、ユーザー補助機能で設定するとテキストが自動的に拡大されます。 アプリでの対応は不要ですが、オプトアウトしたいときはIsTextScaleFactorEnabledを falseに設定できます。 また、設定値を調べたり、設定が変更された場合に通知されるために Windows.UI.ViewManagenent.UISettingsクラスの TextScaleFactorChanged, TextScaleFactorメンバを使えます。Read More →

"What’s New in Windows Phone 8.1を読んで(その2)"の続きです。 アクションセンターで通知の管理 通知を管理するアクションセンターは、アプリからAPIを介して通知を管理できるようです。 管理できるのは、通知の追加、削除、置換、expireがあります。 ユーザとしてアクションセンターは欲しかったのだけど、アプリから制御できるなら 有効な使い方を考えたいですね。 トースト通知、タイル、バッジ バックグラウンドからタイルを更新できるようになっています。 バックグラウンドの音楽再生 バックグラウンドでの音楽再生で使用するクラスが、 従来のMicrosoft.Phone.BackgroundAudio.BackgroundAudioPlayerから Windows.Media.Playback.BackgroundMediaPlayerに置き換わりました。 Windows.Media.Playback.MediaPlayer APIを使うことで 以下のことができるようになります。Read More →