昨日のブログで、Xamarin.FormsアプリのUWP部分をApp Centerでビルドするための回避策を昨日に書きましたが、ビルド後の配布についてのメモです。 といっても、通常の開発でのサイドローディングと変わらないと思います。手順は、以下の通りです。 UWP用のビルド構成の設定 .NET Standardのバージョンを1.4以下に変更、UWPのOSバージョンを変更 W10M端末をサイドロードか開発者モードに設定 ビルド結果の依存ライブラリを別途配ってインストール 配布されたappxbundleのインストール 簡単にそれぞれを補足します。 UWP用のビルド構成の設定 これは昨日のブログの通りで、 UWP部分だけをビルドするように、構成を追加します。 .NET Standardのバージョンを1.4以下に変更、UWPのOSバージョンを変更 これは、Xamarin.Formsの最新のプロジェクトテンプレートを使って、かつ.NET Standardを使うようにプロジェクトを生成したとき、 さらにW10M端末のOSがバージョン1703、つまりFall Creators Update(バージョン1709)になっていない場合に必要です。Read More →

JXUGC #24 春の App Center 祭りに参加してきました。 これまで、VSTS+App CenterでKumalica vNextのビルドと配布(アルファ版・ベータ版)をしようと思って少しずつ触ってはいましたが、 これを機にXamarin.FormsのAndroidアプリとUWPアプリをビルドして配布する方法をしっかりと調べています。 App CenterでのXamarin.FormsなUWPアプリのビルドの問題 実際にApp CenterでXamarin.Formsアプリをビルドして問題になったのが、Xamarin.FormsのUWP部分のビルドです。 まず、OSをAndroid、PlatformをXamarinと指定してアプリを定義すると、Xamarin.Formsのリポジトリを参照させて作成したビルド定義では、Project欄がAndroidのcsprojファイルに設定されて、Androidアプリだけをビルドできます。     しかし、OSをWindowsと指定すると、PlatformはUWPしか選択できず、Xamarin.Formsのリポジトリを参照させて作成したビルド定義では、Project欄がソリューションファイル(.sln)に設定されます。    Read More →

備忘録としてNuGetパッケージの作成方法を残します。 参考: Creating and Publishing a Package まずNuGet.exeを入手してPATHの通ったフォルダに置きます。 ダウンロードサイト コマンドプロンプトでVisual Studioのプロジェクトのあるフォルダに移動してnuget specを実行。 作成されたnuspecファイルを編集しておく。 ::xml <?xml version="1.0"?> $id$$version$$title$$author$$author$ http://LICENSE_URL_HERE_OR_DELETE_THIS_LINE <projectUrl>http://PROJECT_URL_HERE_OR_DELETE_THIS_LINE</projectUrl> <iconUrl>http://ICON_URL_HERE_OR_DELETE_THIS_LINE</iconUrl>Read More →