先日のブログ記事で紹介したFeliCaカード読み取りのXamarinプラグインをNuGetに登録しました。 ソースコードとサンプルコードは以下で公開しています。 GitHub nobukuma/FelicaReader GitHub nobukuma/FelicaReaderSample 今後の大きな機能追加・修正はないかと思いますが、読み取ったカードの情報を解析する処理など 周辺の機能を別のパッケージとしてNuGetに登録する予定です。

これはXamarin その1 Advent Calendar 2017の16日目の記事です。 明日は、@t-miyakeさんが担当されます。 この記事では、XamarinのAndroidアプリとUWPアプリでFeliCaカード読み取りを行えるFelicaReaderプラグインの概要を説明するとともに、Xamarin.Formsアプリでの利用例を紹介します。 なお、FelicaReaderプラグインはNuGetとGitHubで公開の予定ですが、NuGetのほうは公開が遅れています。 公開されたら改めて報告しますので、少々おまちください。 FelicaReaderプラグインとは これまで、SuicaやEdyなどのFeliCaカードを読み取るKumalicaというアプリをUWPアプリとして開発・公開してきましたが、 アーキテクチャを見直してAndroidにも対応したKumalica vNextの開発を少しずつ進めています。 FelicaReaderプラグインは、そのKumalica vNextの開発で作成したXamarinプラグインで、UWPアプリとAndroidのXamarinアプリで FeliCaカード読み取りをできる限り同じインターフェースで扱えるように設計しました。 FelicaReaderプラグインでは、以下の2つのインターフェースを提供します。 IFelicaReaderインターフェース FeliCaカードを検知したときに、アプリが通知を受け取るための機能を提供します。 フォアグラウンドでのカード検知の有効・無効設定Read More →