Windows 10 MobileデバイスにUWPアプリを配置しようとしたら、次のエラーが出たことがあります。 DEP6400 : 配置できませんでした。Visual Studio の別のインスタンスから同じエミュレーターまたはデバイスのために別の配置またはデバッグ セッションが実行中ではないことを確認してください。0x8973190E: ファイル ‘%FOLDERID_SharedData%\PhoneTools\11.0\Debugger\bin\RemoteDebugger\msvsmon.exe’ の書き込み中にエラーが発生しました。 DEP6400や0x8973190EでWeb検索しても解決できなかったのですが、’%FOLDERID_SharedData%\PhoneTools\11.0\Debugger\bin\RemoteDebugger\msvsmon.exe’で検索したら以下を発見。 debugging – WP 8.1 – Debug UniversalRead More →

昨日の記事で「新しいソリューションも作成が終わらないトラブル」に見舞われている、と書いたのですが、それを解決できました。 具体的には、Xamarin.Formsの新規ソリューション作成を実行したとき、Droid→iOSとプロジェクトが作成されて、UWPプロジェクトの作成で処理が終わらない、という現象です。 Xamarin.Forms入門中~Androidホームスクリーンウィジェットの実装~ 別のUWPアプリを開いたときに、C:\Windows\TempにアクセスできずXAMLファイルなどを開けないことに気づきました。 そこで、C:\Windows\Tempフォルダをエクスプローラで表示しようとすると、アクセス権がなく表示できないとのエラーダイアログが出たので権限を取得すると、UWPプロジェクトの作成もすんなりと終わりました。何かの拍子に権限設定が変わって、UWPプロジェクトの作成に支障が出たようです(権限が変わったのはおかしい話ですが)。 ご参考までに。

Windows 10 MobileとAndroidの両方にアプリをリリースできるよう、Xamarin.Formsを学習してます。 その学習で得たことを書いていきます。 ソリューションの作成 新しいプロジェクト>テンプレート>Visual C#>Prismから"Prism Unity App (Xamarin.Forms)"を選択する。 表示されない場合、Xamarin.Forms Templateの拡張機能が必要かも。 ライブラリの追加 アプリから共通に使うライブラリは、PCLとして追加する。新しいプロジェクトの追加>Visual C#>Windowsから"クラスライブラリ(iOS、Android、Windowsのポータブル)"を選択する。 これをXamarin.Formsアプリの共通ライブラリプロジェクトから参照すればよいが、このままではエラーが出るので、ターゲットを合わせる必要がある(Silverlightを追加)

Windows 10 MobileとAndroidの両方にアプリをリリースできるよう、Xamarin.Formsを学習してます。 その学習で得たことを書いていきます。 IntelliSenseを使う方法 Visual Studio 2015 Update3で作成したXamarin.Forms(v2.3.3.168)のソリューションで、XAMLでのIntelliSenseが効かなくて困ってたのですが、Twitterでぼやいてたところ、こんな返事が。 なぜか開くエディターをソースコード(テキスト)エディターにするとIntellsence効きますね。謎ですが。。。 pic.twitter.com/GbG9nfOI6c — Atsushi Nakamura (@nuits_jp) November 29, 2016

Xamarin Dev Days Tokyoに参加してきました。午前中はXamarinやXamarin.Formsの概要についてのセッション、午後は課題を各自で解くハンズオンでした。 Xamarinは以前にもハンズオンに参加して簡単なアプリを作ったことがあるのですが、それ以降アプリの作成時間が取れず放置してました。 今日のXamarin Dev Days Tokyoに参加して、Xamarin、特にXamarin.Formsでアプリを作る方法が掴めたように感じます。 Android版を出したいと思っていたアプリがいくつかあるので、そろそろXamarinのプロジェクトを起こして、開発を進めていこうかと思います。 Please install packageエラー 今日のハンズオンではまっていたことを。 正確な発生条件を把握してないのですが、初回のビルド時にAndroid版のプロジェクトをビルドするために、Classファイルが含まれたZIPファイルをダウンロードするようです。 そのサイズが200MBあって、ビルドを開始してからVS2015の出力に何も表示されない状況がしばらく続いて、ついキャンセルしてしまったのですが、それ以降、ビルドをすると"Please install package: ‘Xamarin.Android.Support.…’ availableRead More →

11/12(土)に開催されるXamarin Dev Days Tokyoでハンズオンがあるため、6月に購入した新ノートPCにXamarinの開発環境を整備してました。 前のVaio Duo 11には構築してあったのだけど、すっかり移行を忘れてました。 そろそろAndroidとWindows 10 UWPの両プラットフォームにXamarinを使ってアプリを出していく予定なので、ちょうどよい機会でした。 参考にしたドキュメント Xamarinの開発環境の設定手順は、田淵さんが以下で公開されているドキュメントが分かりやすいと思います。 XamarinHOL/XamarinHandsOn_Prepare_JXUG.pdf at master · ytabuchi/XamarinHOL · GitHub… Xamarinのセットアップ、かなり前にAndroidRead More →

2019-03-08 09:04:02 Friday先日に、Windows 10 Mobile端末にVisual Studio 2015からUWPアプリを配置してデバッグ実行すると DEP6100, DEP6200エラーが発生する問題が起きていると書きました。 Windows 10 Mobile端末でのUWPアプリのデバッグ実行問題 その後、Windows 10 November upateを入れ直して、Visual Studio 2015を入れ直したところ、 何も対策もしないのにWindows 10Read More →

11/19にビルド10586.11が公開されたWindows 10 Mobileですが、 私の開発環境ではVisual Studio 2015からUWPアプリを配置してデバッグ実行できない問題が起きています。 具体的には、Windows 10 Mobile 10586.11とVisual Studio 2015 (Update1RCは未適用)の環境で UWPアプリをデバッグ実行すると、DEP6100, 6200 エラーが発生するものです。 このようなツイートを見かけて試してみたのですが、デプロイはできるものの、デバッグ実行はできないため、 行き詰まっています。 結構前から Win10MRead More →

Python Tools for Visual Studioを入れたVisual Studioのオプション画面で、 Python Tools>Environment Optionsを選択して実行環境を設定できるのですが、 PTVS 2.2.1RCを入れた環境ではPython UWP 3.5が実行環境に含まれています。 "Python UWP 3.5"が一体何なのかWebを検索して調べたのですが、情報が見つかりません。 VS2015のメニューからツール>Python Tools>Diagnostic Info…を選択して 表示される診断情報を見ると、どうやらWindowsRead More →

Visual Studio 2015 Update1 RCでPython Tools for Visual Studio(PTVS)が2015/11RCに更新されています。 更新直後のPTVSの機能などまとめようと思ってたのですが、インストール時の指定を誤って、 インストール済みのPTVS 2.2のままでUpdate1 RCに上げてしまったので、 2週間ほど前にリリースされたPTVS 2.2.1 RCをインストールしました。 Release PTVS 2.2.1 RCRead More →