これは、ConoHaアドベントカレンダー2017の9日目です。 明日は@clarinet758さんが担当されます。 ConoHaとは ConoHaとは、皆さんご存知、GMOインターネットさんが提供するオールSSDなVPSです。 サーバの起動時間に対する時間単位での課金なので、気軽にサーバを構築・廃棄できるだけでなく、一か月間フルに起動したときは定額になるので毎月の利用料金が予測しやすいです。サーバのプランも、1台あたり月額630円~月額900円のものから提供されていて、個人的に利用する場合にもお財布にやさしいかなと思います。 そして、ConoHaといえば、ConoHa応援団長の美雲このはちゃんを語らないわけにはいきません。清楚で可憐なこのはちゃんのTwitterでのやり取りを眺めつつ、このはモードの管理画面でこのはちゃんと一緒にサーバ構築作業をすれば、つらさもなくなるかと思います。 寝ているときにこのはちゃんが画面から出てきて代わりに作業しておいてくれるともっといいですが…それはないでしょうね。 さて、現在、ConoHaにDocker Swarm環境を稼働させていて、近日中にKubernetesの環境を構築して移行しようかと計画しています。 マスターとノードのVMを複数作成して、それらをローカルネットワークで接続して、必要なソフトウェアを導入・設定する作業を、いつでも再現できて、かつ変更点をバージョン管理ツールで管理できる形で行いたいと思います。 そこで、この記事では、ConoHaでサーバを作成する方法をまとめてみたいと思います。 GUIでの作成 Web管理画面 まず最初は、Webの管理画面を使ったサーバ作成でしょう。 サーバの追加画面で、サーバの場所・スペックの選択、OSもしくはアプリケーション配備済みのイメージの選択、そしてオプション(自動バックアップ、追加ディスク、セキュリティ設定、ログインに使用するSSHキー、起動時処理のスクリプトなど)の選択を、マウスでポチポチと操作する方法です。それぞれの項目の説明はヘルプを参照していただくとして、マウスで選ぶだけなので、特に説明は不要かと思います。 この方法は、マウスを操作するだけでサーバを作成できる手軽さがありますが、複数のサーバを作成するときや決まった仕様のサーバを繰り返し作成するときに手間がかかったり、手動での操作なのでミスが発生する可能性があるデメリットがあります。また、サーバを作成するパラメータを変えたときの履歴を追うことができません。 スクリプトでの作成 複数のサーバ作成や、繰り返しのサーバ作成が容易で、変更管理ができる方法として、スクリプトの利用が考えられます。 ConoHa APIRead More →