はてなブログに移行する前は、PelicanというMarkdownなどマークアップ言語のファイルをHTMLファイルに変換するツールと、BitBucket・Dockerを組み合わせて、自前のブログを構築していました。 Gitで管理されたMarkdownファイルをBitBucketにPushすると、BitBucketのフックが起動されて、Docker上のWebサーバでMarkdownファイルをPelicanで変換する仕組みです。 この自前ブログシステムからはてなブログへの移行手順をメモしておきます。 はてなブログへの移行方法 通常は、はてなブログへの移行は、移行元ブログでエクスポートしたMovableType(MT)形式かWordpress形式のデータを画像URLを調整してからインポートすればよいのですが、自前システムからの移行ではそれが使えません。 そのため、以下の手順で移行しました。 画像ファイルをはてなフォトライフにアップロードする。このとき、画像ファイルのパスとアップロードした画像のIDの対応表を作成する。 既存のMarkdownファイルで、画像の相対パスをIDに置換する。 置換したMarkdownファイルをはてなブログのAtom APIで投稿する。 なお、移行処理のスクリプトはすべてPythonで作成しました。 はてなフォトライフへのアップロード 画像ファイルは階層構造のフォルダで管理されて、Markdownファイルには特定フォルダからの相対パスで記述しています。この各ファイルについて、Base64でエンコードして、はてなフォトライフAtomAPIに従ってRestAPIを呼び出します。 # coding: utf-8 import sys import osRead More →

Pelicanを使ってMarkdownファイルを静的HTMLに変換するシステムでブログサイトを運営してきましたが、 運営方針を見直してはてなブログに移行することにしました。 今回の移行で、自前のブログシステムからMarkdownファイルをはてなブログに移行したのですが、 そのときの手順はまた紹介したいと思います。 今後もよろしくお願いします。

Pelicanを使ってMarkdownファイルを静的HTMLに変換するシステムでブログサイトを運営してきましたが、 運営方針を見直してはてなブログに移行することにしました。 DNSの設定が反映されたら、以下のURLでアクセスできると思います。 移転先はこちらです。> 熊小屋日誌 今後もよろしくお願いします。