11月19日に豊洲のルネサス半導体トレーニングセンターにて、GR-CITRUS発売記念のワークショップに参加してきました。 当日は、GR-CITRUSと、WiFiとSDカードスロットを搭載した拡張モジュールのWA-MIKAN、あと温度などのセンサーを借りて、GR-CITRUSでのプログラミングを体験しました。その感想と、今後やりたいことをまとめてみます。 GR-CITRUSの機能 GR-CITRUSのピン配置を見ると、シリアル4個/I2C 5個/SPI1個(共用あり)、あとアナログ入力4ピン/アナログ出力7ピン/デジタル入出力が20ピン(共用あり)と入出力端子はこれで十分かなと思います。 GR-CITRUSに書き込んだプログラムは、ボード上のジャンパーをショート(ハーフピッチのスイッチを取り付けると便利なようです)させるとPCから切り離して動作させられるようです。 開発環境 GR-CITRUSのプログラミングは3種類あるようです。 WebコンパイラでのArduinoスケッチ開発 IDE for GRでのオフラインでのArduinoスケッチ開発 Rubicを使ったmrubyでの開発 今回は3番目のRubicを使った開発が主でしたが、mrubyを使って非常に手軽に開発できたのが印象的でした。 以下は、照度センサーから読み取ったアナログ値をRubicのログ欄に表示するスクリプトですが、ピンへのアクセスが直感的ですし、Rubyの言語機能を使えばデータの処理も楽そうに思いました(まだ複雑な処理を実装していませんが)。 #!mruby usb = Serial.new(0) pinMode(14,Read More →