【メモ】Azure PipelinesのReleaseからAzure CDNのキャッシュを消去

補足:このブログの構成

このブログはAzure Blob Storageの静的Webサイトホスティングで公開したWebサイトに、HTTPS経由でかつ独自ドメインでアクセスできるようにAzure CDNを利用してます。

Markdownで書いた原稿はGitでAzure DevOpsのリポジトリにコミットして、プルリクエストでmasterノードにマージしたトリガーで、Azure PipelinesのBuildでPelicanを使ってHTMLへと変換、さらにReleaseでBlobストレージにコピーしてます。

ここでAzure CDNのキャッシュを消去しないと反映されないので、それをAzure Pipelinesに反映する処理を追加したのでそのメモ。

(2019/3/1追記)
2019年3月からWordPressに移行したため、今ではこの構成をとっていません。

本題

ReleaseにAzure CLIを追加して、Inline Scriptとして以下を記述(Windows系のAgent Poolの場合)

 az cdn endpoint purge --resource-group websites --name blog-strawhat-net --profile-name cdn-blog --content-paths "/" "/posts/*" "/author/*" "/category/*" "/feeds/*" "/pages/*" "/tag/*"

2019-01-01_16-23-59.png

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *