Prism for the Windows Runtimeでストアアプリ(その1)

MVVMパターンを使ってストアアプリを作成するとき、何かしらのフレームワークを使うかと思います。
Prism for the Windows Runtimeはストアアプリ向けのMVVMフレームワークです。

PrismはもともとはWPFでコンポーネントを組み合わせて作る複合的なアプリケーションを
開発するためのフレームワークですが、MVVMパターンを取り入れたりして複雑になっています。

Prism for Windows Phone 7.xやPrism for the Windows Runtimeは、
MVVMパターンでアプリを開発するためにMVVMパターンのフレームワークを
切り出したライブラリです。

このシリーズではWindows 8.1ストアアプリをPrismを使って開発する方法をまとめます。

Prism for Windows Runtimeの参考資料

Prismをストアアプリに適用する方法は、Dev Center - Windows Store appsで
Developing a Windows Store business app using C#, XAML, and Prism for the Windows Runtime
として公開されています。BookとしてPDFファイルが公開されていますが、
日本語の翻訳版は古い1.0版なので、英語版をお勧めします。

PrismによるStoreアプリのサンプル
"Developing a Windows Store Business App using C# and Prism with MVVM"
も公開されています。ビルドして実際に動かしながらコードを読んでみるとよいかと思います。

Prism for Windows Runtimeの準備

Visual Studio 2013のプロジェクトテンプレート
"Prism for the Windows Runtime Templates (Win 8.1)"
が公開されています。これをインストールしておきます。

実際のコードはその2から作っていきます

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.