Pelicanへの移行

PelicanはPythonで書かれた静的Webサイトの作成ツールです。
これまでOrchard CMSでサイトを作っていましたが、カスタマイズしづらいこと
また動的である必要がないこと、そしてコンテンツの管理をCMSではなく
Gitのようなバージョン管理システムで行いたいこと、の理由から
別のシステムを探していました。

で、ふと見つけたのがPelicanなどの静的Webサイトの生成ツールです。
MarkdownやreStructuredTextなどで書かれた記事をHTMLに変換する、のが
主機能です。

MarkdownでのSyntax highlightの話はこのサイトこのサイトを参考に
記述してみましたが、行番号を付ける場合も

#!C#
private void SayHello()
{
    System.Console.WriteLine("hello");
}

行番号をつけない場合も対応できるようです。

:::C#
private void SayHello()
{
    System.Console.WriteLine("hello");
}

他にもテーマ機能、固定ページ機能などがあり、これでブログサイトを運営できそうなので、
思い切って移行しました。

Pelicanの使い方は徐々にまとめていこうかと思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.