先日のブログ記事で紹介したFeliCaカード読み取りのXamarinプラグインをNuGetに登録しました。 ソースコードとサンプルコードは以下で公開しています。 GitHub nobukuma/FelicaReader GitHub nobukuma/FelicaReaderSample 今後の大きな機能追加・修正はないかと思いますが、読み取ったカードの情報を解析する処理など 周辺の機能を別のパッケージとしてNuGetに登録する予定です。

これはXamarin その1 Advent Calendar 2017の16日目の記事です。 明日は、@t-miyakeさんが担当されます。 この記事では、XamarinのAndroidアプリとUWPアプリでFeliCaカード読み取りを行えるFelicaReaderプラグインの概要を説明するとともに、Xamarin.Formsアプリでの利用例を紹介します。 なお、FelicaReaderプラグインはNuGetとGitHubで公開の予定ですが、NuGetのほうは公開が遅れています。 公開されたら改めて報告しますので、少々おまちください。 FelicaReaderプラグインとは これまで、SuicaやEdyなどのFeliCaカードを読み取るKumalicaというアプリをUWPアプリとして開発・公開してきましたが、 アーキテクチャを見直してAndroidにも対応したKumalica vNextの開発を少しずつ進めています。 FelicaReaderプラグインは、そのKumalica vNextの開発で作成したXamarinプラグインで、UWPアプリとAndroidのXamarinアプリで FeliCaカード読み取りをできる限り同じインターフェースで扱えるように設計しました。 FelicaReaderプラグインでは、以下の2つのインターフェースを提供します。 IFelicaReaderインターフェース FeliCaカードを検知したときに、アプリが通知を受け取るための機能を提供します。 フォアグラウンドでのカード検知の有効・無効設定Read More →

昨日の記事で「新しいソリューションも作成が終わらないトラブル」に見舞われている、と書いたのですが、それを解決できました。 具体的には、Xamarin.Formsの新規ソリューション作成を実行したとき、Droid→iOSとプロジェクトが作成されて、UWPプロジェクトの作成で処理が終わらない、という現象です。 Xamarin.Forms入門中~Androidホームスクリーンウィジェットの実装~ 別のUWPアプリを開いたときに、C:\Windows\TempにアクセスできずXAMLファイルなどを開けないことに気づきました。 そこで、C:\Windows\Tempフォルダをエクスプローラで表示しようとすると、アクセス権がなく表示できないとのエラーダイアログが出たので権限を取得すると、UWPプロジェクトの作成もすんなりと終わりました。何かの拍子に権限設定が変わって、UWPプロジェクトの作成に支障が出たようです(権限が変わったのはおかしい話ですが)。 ご参考までに。

これは、[学生さん・初心者さん大歓迎!]Xamarin Advent Calendar 2016の24日目の記事です。 先日は Xamarin.Forms上でHello World – SDD(Sleep-Driven Development)… でした。 Windows 10 UWPアプリのライブタイルをXamarin.FormsのAndroidアプリ側で実装する案をまとめてみます。これまでに自力で調べられた範囲での案なので、これ以外にもっとよい方法があるかもしれませんし、既知の方法かもしれませんがその点はご了承ください。 お詫び 記事を書いてる途中で、Visual Studio 2015でサンプルコードのソリューションを開けなくなり、さらに新しいソリューションも作成が終わらないトラブルに見舞われています。そのため、サンプルコードとその実行結果をおみせできない状況です。トラブルが直ったら、サンプルコードをGitHubに上げて、実行結果のスクリーンショットを掲載したいと思います。 また、記事中のコードの断片もビルドが通ってないので、誤りがあるかもしれません。これも後日直したいと思います。 Xamarin.Formsを窓から放り投げたい気分ですが、気を取り直して記事を進めます。Read More →

Windows 10 UWPアプリのタイル通知を、Androidではウィジェットに置き換える方法を調べてたので、そのメモ。 XamarinでのAndroidウィジェット作成 作成方法 調べた範囲では、プラットフォーム固有機能のAndroidウィジェットは Xamarin.Formsで作成できなくて、公式サンプルのSimple Widgetのように、Xamarin.Androidで作成できる模様。 サンプルの構成 重要なファイルは以下の模様。 Resources/xml/widget_word.xml ウィジェットの設定をするファイル。更新間隔はandroid:updatePeriodMillisで指定する。 <?xml version=”1.0″ encoding=”utf-8″?> <appwidget-provider xmlns:android=”http://schemas.android.com/apk/res/android” android:minWidth=”294dip” android:minHeight=”72dip” android:updatePeriodMillis=”86400000″Read More →

Windows 10 MobileとAndroidの両方にアプリをリリースできるよう、Xamarin.Formsを学習してます。 その学習で得たことを書いていきます。 ソリューションの作成 新しいプロジェクト>テンプレート>Visual C#>Prismから"Prism Unity App (Xamarin.Forms)"を選択する。 表示されない場合、Xamarin.Forms Templateの拡張機能が必要かも。 ライブラリの追加 アプリから共通に使うライブラリは、PCLとして追加する。新しいプロジェクトの追加>Visual C#>Windowsから"クラスライブラリ(iOS、Android、Windowsのポータブル)"を選択する。 これをXamarin.Formsアプリの共通ライブラリプロジェクトから参照すればよいが、このままではエラーが出るので、ターゲットを合わせる必要がある(Silverlightを追加)

Windows 10 MobileとAndroidの両方にアプリをリリースできるよう、Xamarin.Formsを学習してます。 その学習で得たことを書いていきます。 IntelliSenseを使う方法 Visual Studio 2015 Update3で作成したXamarin.Forms(v2.3.3.168)のソリューションで、XAMLでのIntelliSenseが効かなくて困ってたのですが、Twitterでぼやいてたところ、こんな返事が。 なぜか開くエディターをソースコード(テキスト)エディターにするとIntellsence効きますね。謎ですが。。。 pic.twitter.com/GbG9nfOI6c — Atsushi Nakamura (@nuits_jp) November 29, 2016