Windows 10 MobileのNuAns NEOのユーザ会に参加しました。 http://eventon.jp/3610 内容は、トリニティ株式会社代表取締役社長の星川さんをはじめ、開発メンバーの方々による NuAns NEOの開発秘話のセッションで、他にもITジャーナリスト本田さん、林さんの突発トークセッションもありました。 一からデザインを起こしてスマートフォンの新しい形を検討されたその考え方、過程がとても興味深かったです。 また、本会と懇親会を通してNEOの状況について詳しくお話を伺えてよかったです。 ユーザ会の最後に、参加者のNEOを並べて記念写真を撮りました。 FLIPが1台だけだったのと、TWOTONEのケースが上下とも被ったのが1組2台だけ (そのうちの1台は自分のです…涙)だったのが印象的でした。 TWOTONEのケースの組み合わせのバリエーションが多く、ユーザが個性を出せる NEOのデザインが表に出たのかなと思いました。 会場では、NEO関連のアクセサリや、それ以外のトリニティさんが扱うアクセサリを購入することもできました。 今回は、NEO付属のUSB Type-Cのケーブル、それとFLIPケース(エードグレイ)です。 かずきさんのFLIPを見ていたら意外とよさげで思わず購入してしまいました。 Kumalicaの発表Read More →

Windows 10 MobileのCドライブにアクセスするために、以下のフォーラムの投稿で紹介された方法が使えてました。 Access C: root of Windows 10 Mobile from File Explorer 1-2か月前に試したときは、Method 1のファイルのプロパティ画面を利用する方法は利用できなくて、Method 2のショートカットを使う方法はまだ使えていました。これは、PCでCドライブへのショートカットを作成して、それをW10M端末に転送して、そこからW10M端末のCドライブにアクセスする方法です。 アプリのローカルフォルダのデータファイルをいじる方法として便利だったのですが、久しぶりに10586.164のLumia 830で試したら、この方法も使えなくなっていました。 @kumar0001 Cドライブへのショートカット、確かに出来なくなってますね。以前できてたショートカットをそのままSDに入れてあるんですが、今やってみたら入れなくなってました。 #Lumia950XLRead More →

Windows搭載のデバイスをリカバリーするためのツール、Windows Device Recovery Toolが更新されて3.1.6がリリースされました。このバージョンで、マウスコンピューターのMADOSMA Q501がサポートされたようです。 Windows Device Recovery Tool gets updated with support for Alcatel One Fierce XL, and moreRead More →

NuAns NEOにBluetoothキーボードとMiracast(Microsoft ワイヤレスディスプレイアダプター)を接続して、Continuumを試してみました。 軽快とは言えなくも、Excelなど使えるレベルの表示速度に感じました。 ScreenBeam Mini 2 Continuum版を使うともっとよくなるそうなので、またの機会に試してみようと思います。 Windows 10 MobileでのBluetoothキーボードの配列 今回接続したBluetoothキーボードは英語配列なのですが、キー入力すると… NuAns NEOに限った話でないかもしれないけど、英語配列のBTキーボードを接続すると、キー配列が日本語のものになってるので、対応策がWebにないか調べないと。 — のぶ@ヒグマチャンネル (@kumar0001) 2016年2月7日 と日本語配列になっていて、対策もわからず困ったことに。そうしたら、 @kumar0001Read More →

今月後半に入って、次々とWindows 10 Mobile端末が日本で発売されています。 11/27にはMADOSMAの既存端末がWindows 10 Mobileへの店頭更新サービスを開始して、新端末MADOSMA Q501Aの予約販売が始まりました。 また、11/26に発表されたヤマダ電機のEveryPhoneが11/28から販売を開始していますし、FREETELのKATANA01が11/30に発売されました。 NuAns NEOの登場 11月30日にTrinityからNuAns NEOが発表されました。検証中ながらもContinuumに対応予定で、NFCにも対応するなど、これまでのWindows 10 Mobileから一歩進んだスペックが注目を浴びました。 http://neo.nuans.jp/ CPUはQualcommのSnapdragon 617 (MSM8952)、2GBのRAM、16GBのフラッシュROM、最大128GBのUHS-1対応micro SDスロットを搭載しています。画面は1280×720の5.0インチ、3350mAhのバッテリー、802.11 a/b/g/n/acの無線LAN、USBRead More →

マウスコンピュータのニュースリリースが更新されて、Windows 10 Mobile端末の「MADOSMA Q501A」の予約・販売の日程が公開されました。11月27日より予約販売を開始し、12月4日までに順次出荷を開始するようです。 マウスコンピューター、Windows 10 Mobile対応スマートフォン「MADOSMA Q501A」を予約販売開始 MADOSMA Q501Aは、Office 365の1年ライセンスの有無で2種類が用意されるようです。 直販の場合、ライセンスなしで26,800円、ライセンスありで29,800円でした。 また、現行のWindows Phone 8.1 Update搭載の「MADOSMA Q501」をサービスセンターおよびマウスコンピューターダイレクトショップで更新(有料3000円)するサービスを今日11月27日から開始することもアナウンスされています。 FREETELやヤマダ電機からもWindows 10 Mobile端末の販売がアナウンスされるなど、Read More →

Windows 10 Mobileを搭載したFREETEL KATANA01が11月30日に発売開始となることが発表されました。 価格は12800円、予約は11/25からのようです。 KATANA01(カタナ01)の特長|FTJ152E-Katana01|FREETEL(フリーテル)のSIMフリースマホ KATANA01はLTE(NTTドコモ・ソフトバンクのプラチナバンド対応)、クアッドコアCPU、RAM 1GB、ROM 8GBで、4.5インチ画面で解像度は854×480のようです。カメラは500万画素/200万画素(リア/フロント)を搭載、NFCは非対応のようです。 ローエンドモデルの端末ですが、国内初のWindows 10 Mobile端末で、かつ低価格の点で注目を浴びそうです。 私は、このスペックの端末は関心がないのですが、デバッグ端末としローエンドモデルがほしいので、その候補に上がるかもしれません。