Windows Phone 8.1アプリ、Windows 8.1ストアアプリの多言語化を支援するツールキットの"Multilingual App Toolkit"(MAT)ですが、 Windows 10 UWPアプリ、Xamarinアプリの多言語化をするにはv4.0のベータ版が必要です。 現在はv4.0.1466.0ベータ版がVisual Studioのギャラリーで公開されているようです。 注意点としては、説明>NOTEにあるように現時点のMAT v4.0ベータ版はMAT v3.1と互換性がなく、MAT v4.0ベータ版を導入したVisual StudioでMAT v3.1で多言語化を有効にしたプロジェクトを開けなくなります。 対応策としては、手動でプロジェクトファイルを編集して、"多言語化対応を外す"作業のあと、"(1) MAT v3.1環境に戻す"もしくは"(2)Read More →

この週末に起きたVisual Studio 2015のトラブルで、このブログの記事作成やアプリ開発が止まってしまいました。 Visual Studio 2015 Update1 RCでのPackage.appxmanifestのトラブル 今回悩まされた現象は、Visual Studio 2015 Update1 RCでWindows 8.1ユニバーサルアプリのプロジェクトを開いて、 Package.appxmanifestをマニフェストエディタで開こうとダブルクリックするとVisual Studioが落ちるというものです。 プロジェクトは既存のもの、新規作成したものの両方で発生しました。 Stackoverflowで同様の現象に関するQAを見つけたのですが、 windows 10Read More →

備忘録としてNuGetパッケージの作成方法を残します。 参考: Creating and Publishing a Package まずNuGet.exeを入手してPATHの通ったフォルダに置きます。 ダウンロードサイト コマンドプロンプトでVisual Studioのプロジェクトのあるフォルダに移動してnuget specを実行。 作成されたnuspecファイルを編集しておく。 ::xml <?xml version="1.0"?> $id$$version$$title$$author$$author$ http://LICENSE_URL_HERE_OR_DELETE_THIS_LINE <projectUrl>http://PROJECT_URL_HERE_OR_DELETE_THIS_LINE</projectUrl> <iconUrl>http://ICON_URL_HERE_OR_DELETE_THIS_LINE</iconUrl>Read More →