これは、Microsoft Azure Advent Calendar 2017の21日目です。 明日は@kencharosさんが担当されます。 LogicAppsとは LogicAppsはクラウドやオンプレミスのサービス、システムを統合できるワークフローを提供するAzureのサービスです。 ワークフローには、その開始条件を定義するトリガーと、その後の処理を定義するアクション、そしてアクションの実行を制御するループ・分岐などの制御が含まれます。 トリガーに該当するイベントが発生するとワークフローが実行されて、制御に従いながらアクションを順に実行されます。 ワークフローは、ビジュアルデザイナーで視覚的に定義できて、コードを書く必要がありません。多種多様なテンプレートも提供されているので、それに合えばパラメータを設定するだけでも定義できます。 トリガーとアクション トリガーおよびアクションは、コネクタと呼ばれるサービスやデータにアクセスする部品を用います。 コネクタはLogicAppsが提供するマネージドコネクタと、自分で開発するカスタムコネクタ・カスタムAPIがありますが、 コネクタの一覧にあるように マネージドコネクタは多くの種類が提供されていて、これを使うだけでも十分かと思います。 たとえば、トリガーには以下のようなものがあります。 HTTPのリクエストを受信したとき Twitterで新しいツイートを受信したとき タイマーによる繰り返しRead More →