Windows Phone 8.1アプリのコンテストであるおでコンが 2015年6月1日から約3か月に渡って開催されました。 私はカメラアプリの"Kumara"で参加したのですが、 嬉しいことに審査員賞の1つである「おでお賞」をいただきました。 Windows Phone 8.1向けのカメラアプリにはLumia Cameraがあって、標準のカメラアプリよりも使いやすいのですが、 Kumaraの開発に着手した頃はLumiaでしか使用できませんでした。 そこで、コンパクトデジカメのような使いやすいカメラアプリ、 具体的には画面でカメラの設定状態(解像度・露出補正・ホワイトバランスなど)を把握できて、 またそれらの設定を画面で簡単に切り替えられるカメラアプリを作ろうと思い立ち、Kumaraを開発しました。 ご存知の通り、その後Lumia以外のWindows Phone端末でもLumia Cameraアプリが使えるようになったのですが、 Kumaraの”コンパクトデジカメのような使いやすいカメラアプリ”を実現したくて、そのまま開発を続けています。 おでさんからは、おでお賞の講評で OS標準のカメラアプリよりも手軽感があることと、各種設定が簡単に切り替えできる点が私の中で高評価だったポイントです。Read More →