Prism 6 for UWPではNavigationService.Navigate(“Main”, null);のようにNavigateメソッドで画面遷移します。 この画面遷移で、次の画面にパラメータを渡す方法を紹介します。 サンプルコードは以下のプロジェクトから、PrismForUWPSample/01-Basic/01-02-PrismBasicAppWithParamを見てください。 PrismForUWPSample/01-Basic/01-01-PrismBasicApp Navigateのパラメータとして渡す NavigationService.Navigateメソッドの第2引数object parameterは、遷移先画面のOnNavigatedToメソッドの第1引数NavigatedToEventArgs eでe.Parameterとして渡されます。 public override void OnNavigatedTo(NavigatedToEventArgs e, Dictionary<string, object> viewModelState)Read More →

MADOSMAなどWindows Phone 8.1では、アプリをSDカードにインストールできます。 ただし、SDカードの容量を大きくしようと、新しいSDカードに内容をコピーして本体に挿しても、 新しいSDカードに移したアプリは起動できません。 正しい手順は以下の通りです。 SDカードから本体へアプリを移動させる。 新しいSDカードに内容をコピーして、交換する。 本体から新しいSDカードへアプリを移動させる。 このアプリの移動は、設定画面で「ストレージセンサー⇒SDカード⇒アプリ+ゲーム」と選択して 表示されるアプリ一覧から行います。 今日、MADOSMAのSDカードを交換するとき、アプリを1個ずつタップして「電話に移動」を実行してたのです。 で、「面倒くさい…」とTwitterでぼやいたら@od_10zさんから MADOSMAのmicroSDHCを大きなサイズに変えるために、アプリをちまちまと本体で移動してたけど、面倒くさい… — のぶ@ヒグマチャンネル (@kumar0001) 2015年10月18日 ってリプライが。よく見ると選択ボタンがありますね…(汗。それを押すと確かにアプリを選択して一括移動できます。 本体から新しいSDカードにアプリを戻すときにさっそく使ってみましたが、とても楽ですね。Read More →

Windows 10のInsider Previewビルド10532と、Windows 10 MobileのInsider Previewビルド10549で 使えるになった日本語版Cortana。 デスクトップとモバイル端末をそれぞれ更新して使えるようになったので、試してみました。 こるたなさんを起動するには画面左下の検索欄にあるマイクボタンを押します。 もしくは、Win+Cキーでも起動できます。 こるたなさんに話しかけると、該当するアプリを起動してくれたり(例:「インサイダー」)、 「今日の予定」を表示したり、 「来週の予定」を表示したり、 「5分後にアラーム」を設定してくれたりします。 ただわからないことがあるとBing検索に丸投げてしまいますね。 なお、Windows 10 MobileでCortanaを使えるようにするには、 設定画面から音声認識に日本語を追加する。 右下の検索ボタンを押して表示される検索画面で、左上のハンバーガーメニューから設定を選択して、CortanaをオンにするRead More →

10/15にWindows 10 IoT CoreのInsider Previewビルド10556.0がリリースされました。 http://ms-iot.github.io/content/en-US/win10/ReleaseNotes.htm:embed 10/15リリースの更新内容は以下の通りです。 TX/RXピン経由のシリアル通信 高性能GPIOドライバーオプション Visual StudioでのArduino Wiring Project Systemのサポート TPLink WiFiドングルのサポート ベースとなるOSビルドの更新 バグ修正 リリースノートを読んでいると、USBのWebカメラのサポートはまだ十分でないようですが、Tx/Rxピンが使えるようになったのでFelicaリーダのRC-S620/Sを試してみようと思います。

14日に開催された「Windows 10 Partner Device Media Briefing」において、 これまで日本でのWindows 10 Mobile搭載端末の発売を表明してた マウスコンピューター、プラスワン・マーケティング(freetel)、サードウェーブに加えて 新たにVAIO、日本エイサー、トリニティ(NuAns)からも発売される発表があったようです。 【16時記事更新。写真も追加しました】日本マイクロソフトがWindows 10スマホ国内投入を正式発表 ~VAIOなど新たに3社が加わり、6社から端末が投入 http://t.co/DIZCUZRHzA pic.twitter.com/68aucKkful — PC Watch (@pc_watch)Read More →

はてなブログに移行する前は、PelicanというMarkdownなどマークアップ言語のファイルをHTMLファイルに変換するツールと、BitBucket・Dockerを組み合わせて、自前のブログを構築していました。 Gitで管理されたMarkdownファイルをBitBucketにPushすると、BitBucketのフックが起動されて、Docker上のWebサーバでMarkdownファイルをPelicanで変換する仕組みです。 この自前ブログシステムからはてなブログへの移行手順をメモしておきます。 はてなブログへの移行方法 通常は、はてなブログへの移行は、移行元ブログでエクスポートしたMovableType(MT)形式かWordpress形式のデータを画像URLを調整してからインポートすればよいのですが、自前システムからの移行ではそれが使えません。 そのため、以下の手順で移行しました。 画像ファイルをはてなフォトライフにアップロードする。このとき、画像ファイルのパスとアップロードした画像のIDの対応表を作成する。 既存のMarkdownファイルで、画像の相対パスをIDに置換する。 置換したMarkdownファイルをはてなブログのAtom APIで投稿する。 なお、移行処理のスクリプトはすべてPythonで作成しました。 はてなフォトライフへのアップロード 画像ファイルは階層構造のフォルダで管理されて、Markdownファイルには特定フォルダからの相対パスで記述しています。この各ファイルについて、Base64でエンコードして、はてなフォトライフAtomAPIに従ってRestAPIを呼び出します。 # coding: utf-8 import sys import osRead More →

2015/10/10の第13回まどべんよっかいちで、発表しました。 タイトルは「Windows 10 MobileでNFC ~Suica・Edy対応編~」で、Windows 10 MobileでSuicaやEdyの利用履歴などの情報を読む方法を紹介しています。 いつも通り、発表資料をSlideShareで公開しています。

Pelicanを使ってMarkdownファイルを静的HTMLに変換するシステムでブログサイトを運営してきましたが、 運営方針を見直してはてなブログに移行することにしました。 今回の移行で、自前のブログシステムからMarkdownファイルをはてなブログに移行したのですが、 そのときの手順はまた紹介したいと思います。 今後もよろしくお願いします。