Windows Phone 8.1 Updateを搭載した端末のMADOSMAがいよいよ発売されました。 ずっと待ちわびてきた日本でのWindows Phone 8.x端末の発売がいよいよ現実のものとなって感慨深いものがあります。 Amazonのマーケットプレイスで購入して、今日受け取ってきました。 さっそく電源を入れてセットアップを進めています。 MADOSMAの箱。まるでティッシュペーパーの箱みたい。 16GBのmicroSDHCカードがついているので、直ぐに使い始められます。 MADOSMAの存在を知らせるロゴがいいです。 画面はくっきりしていて見やすいです。 SIMとSDカードのスロットはスライド式の金具で固定する方式です。 SIMの大きさはMicroで、NanoSIMにアダプターを付けて装着してもSIMの端子を壊すことは少なそうです。 なお、MADOSMAは端末がとても軽く、動作もきびきびとしていて、操作していて心地よいです。 日本国内で現時点で唯一のWP8.1端末であるMADOSMAを活用できるよう、 中途半端になっているアプリ開発を進めて、アプリをリリースしていければと思います。

Windows Phone 7.1のIS12T以来日本で発売されていなかったWindows Phone端末ですが、 とうとうWindows Phone 8.1 Updateを搭載した端末が発売されます。その名もMADOSMA。 MADOSMAを発売するのはマウスコンピュータで、発売日は6/18、すでに予約が始まっています。 価格は量販店などをみると30000円前後のようです。 ニュースリリース: マウスコンピューター、スマートフォンを予約販売開始~ 6月2日より予約開始 ~ MADOSMAの製品紹介ページ ※画像はニュースリリースより引用 搭載するOSはWindows 8.1 Updateで、Windows 10 Mobileへのアップグレードは検討中のようです。 おそらくアップグレードできると思うのですが、公式アナウンス待ちですね。Read More →