RN-42XVPとは mbedからBluetoothのRFCOMMで通信を行うモジュールの1つであるmicrochip社のRN-42XVPを紹介します。 RN-42XVPはUARTのTX/RX/RTS/CTSのピンを持っていて、mbedからはシリアル通信でデータを送受信するのと同じように見えることが特徴です。Bluetoothの処理はRN-42XVPが行うため、mbedのプログラムではbluetoothであることを意識する必要がありません。シリアル通信で外部と連携する機器のシリアル通信の回路をRN-42XVPに置き換えることで、簡単に無線で連携する機器へ変えることができます。 (RN41XV-RN42XV Datasheetから引用) RN-42XVPは10個のピンが2列に並んで、プリントパターンによるアンテナが付いた形状をしています。 ピンの間隔は2mm、ピン列の間隔は22m㎜で、いわゆるZigbeeのモジュールと同じピン配列です。 ブレッドボードに乗せる場合は2.54mmのピッチに変換するアダプタを使います。 今回はマルツエレックのXBeeピッチ変換基板ソケットセットを使います。 なお、コネクタとピンを自分ではんだ付けする必要があります。 次回は実際にRN-42XVPを使ってBluetooth通信してみます。

USBドングルによるmbedからのBluetooth連携 以前の記事「BluetoothによるWindows Phoneとデバイスの連携」で Windows PhoneとmbedをBluetoothで連携させるために、mbedのUSBピンに Bluetoothドングルを接続する方法を紹介しました。 このときはUSBスタックとしてmyBlueUSBを使い、RFCOMMでWindows Phone側と連携しました。 myBlueUSBはmain関数を持つプログラムで、そこにデータを受信したときのカスタム処理を記述します。 データ受信のイベントで処理を駆動する形でプログラムを書くのであればこれでもいいのですが、 自分でmainを定義するプログラムにmyBlueUSBは使えません。また、USBスタックのコードで 全体の見通しが悪いのも使い勝手が悪いです。 そこでRN-42XVPを使って、USBやBluetoothのプロトコルを意識することなく、mbedからBluetoothを使えるようにします。

この10/18に第10回まどべんよっかいちを開催しました。 今回も興味深い話題のセッションであっという間に過ぎた時間でした。 私からは「mbedとWindows 8.1」と題して、 mbedの紹介、mbedでのプログラミング、そしてWindows Phone 8.1との連携を紹介しました。時間がなくてBluetooth LEでの連携を紹介できなかったので、他の部分と合わせてブログで紹介していければと思います。 なお、スライド、およびサンプルコードは近日中に公開予定です。