12/15(土)に第4回まどべんよっかいちを開催しました。 今回は「Windows Phone SDK 8.0でのアプリ開発」として、 7.5からの違いで注意すべき点を中心に発表しました。 Windows Phone 8で追加された機能の例は、このブログで順に紹介していこうかと思います。 また、XAMLやコードビハインドの書き方など、基本的な開発方法も復習できればと考えています。 スライドはこちらです。

Windows Phone 8は、Windows 8と一部のAPIが共通なので、 Windows Phone SDKが公開される前から期待してた機能がありました。 しかし、公開されたAPIリファレンスを見て、 その期待があっという間に崩れ去った…それは、ローミング機能。 Windows 8ストアアプリでは、複数のPC・スレート間でアプリケーションの情報を共有して、 状態を同期させることができます。これはローミング機能と呼ばれて、 例えば、デスクトップPCで読みかけの電子書籍を、外に持ち出したスレートPCで続きを読むってことができる訳です。 このWindows 8ストアアプリのローミング機能は、 :::C# Windows.Storage.ApplicationData.Current.RoamingSettings.Values[“LastPage”] = 10; のようにWindows.Storage.ApplicationDataクラスを経由して、Read More →