昨日のブログで、Xamarin.FormsアプリのUWP部分をApp Centerでビルドするための回避策を昨日に書きましたが、ビルド後の配布についてのメモです。

といっても、通常の開発でのサイドローディングと変わらないと思います。手順は、以下の通りです。

  1. UWP用のビルド構成の設定
  2. .NET Standardのバージョンを1.4以下に変更、UWPのOSバージョンを変更
  3. W10M端末をサイドロードか開発者モードに設定
  4. ビルド結果の依存ライブラリを別途配ってインストール
  5. 配布されたappxbundleのインストール

簡単にそれぞれを補足します。

UWP用のビルド構成の設定

これは昨日のブログの通りで、 UWP部分だけをビルドするように、構成を追加します。

.NET Standardのバージョンを1.4以下に変更、UWPのOSバージョンを変更

これは、Xamarin.Formsの最新のプロジェクトテンプレートを使って、かつ.NET Standardを使うようにプロジェクトを生成したとき、 さらにW10M端末のOSがバージョン1703、つまりFall Creators Update(バージョン1709)になっていない場合に必要です。

Xamarin.Formsの最新のプロジェクトテンプレートでは、.NET Standardを共通部分に使うように指定すると、 .NET Standardのバージョンが2.0に設定されるため、これを1.4以下に変更します。

また、UWP部分で対応するOSバージョンがFall Creators Updateだけになっているので、変更します

W10M端末をサイドロードか開発者モードに設定

これは、配布したパッケージをインストールするために必要で、端末の設定>更新とセキュリティ>開発者向けの画面から設定します。

ビルド結果の依存ライブラリを別途配ってインストール

App CenterのDistribute機能で配布されるappxbundleファイルには、依存するライブラリが含まれていないので、 別途配付してインストールしておく必要があります。

依存するライブラリは、ビルド結果画面のダウンロードボタンから、Download buildを選択します。 すると、build.zipファイルがダウンロードされるので、その中にあるDependenciesフォルダから、 ARMなど対応するプラットフォームのフォルダに含まれる appxファイル(Microsoft.NET.CoreRuntime.1.1.appx, Microsoft.VCLibs.ARM.14.00.appxなど)を、 W10M端末に配布します。

配布されたappxbundleのインストール

最後に、ビルド結果画面のDistributeボタンなどから配布先にダウンロードリンクを通知します。 各W10M端末で、ダウンロードしたappxbundleファイルを実行して、アプリをインストールします。



Comments

comments powered by Disqus