マイクロソフト社が11/20に開催した「1 日で Windows 10 に対応したアプリ開発手法が習得できるハンズオン~ Windows 10 UWP Developer Workshop」に参加しました。

Windows 10 UWPアプリの開発について、基本から、さまざまな解像度の端末で動作するUWPアプリでのUIっデザイン方法、Azureとの連携など幅広い内容をセミナーとハンズオンを交えて行うものでした。

ワークショップで扱った内容は以下の通りです。

  • Windows 10 UWP 概要
  • Hello UWP World
  • Page Navigation and handling Back
  • 多様なデバイスに対応する UI 設計
  • アダプティブ UI
  • ライブタイルと通知機能の実装
  • タイル
  • インタラクティブ トースト
  • 新しいブラウザ Microsoft Edge とWebサービスのアプリ化
  • WebView - Hosted Web Apps
  • クラウドのパワーを活用したアプリ開発手法
  • Azure App Service Mobile Apps
  • More Personal Computing
  • Cortana, Windows Hello etc,
  • Voice Commands and Cortana integration
  • Inking
  • Windows ストアへのアプリ申請とマネタイズ方法
  • アプリ内広告の実装

特に興味がひかれたのはCortanaによる音声認識、コマンドの実装でしょうか。 文字を入力できない状況や、急いで入力したい場面に、音声を使うことは有効だと思うので、 アプリで実際に使ってみたいと思います。

ワークショップでのハンズオンは、ネットワークの不調などですべてをこなせなかったので、 資料をみて自習しつつ、またブログにまとめていければと思います。

なお、会場で配布された解説資料がどの章も詳しく作成されていて、今後の開発で参考にできそうです。 二次配布可とのことなので、それを使った勉強会を開催できればいいなと思います。

12/17に同じ内容で開催されるそうなので、興味がある方は参加されるとよいかと思います。

https://msevents.microsoft.com/CUI/EventDetail.aspx?EventID=1032693632&Culture=ja-JP&community=0



Comments

comments powered by Disqus