先日の記事で

http://blog.strawhat.net/entry/2015/10/21/235627:embed

.NET Micro Framework 4.4リリースのアナウンスに「Windows.Devices名前空間のいくつかの型を実装」と書かれていることを書いたのですが、実際に何が実装されているのかソースコードを覗いてみました。

GitHubの"netmf-interpreter / Framework / Core / Windows / Devices"を見ると、

Windows.Devices.Adc

Windows.Devices.Enumeration

Windows.Devices.Gpio

Windows.Devices.I2c

Windows.Devices.Pwm

Windows.Devices.Spi

が実装されているようです。

20151022000228png

これを使うと、Windows 10 IoT Coreが実装されているRaspberry Pi 2のUWPアプリと コードの共有が部分的に可能になりそうです。

実際に動かすのはまた後日に。



Comments

comments powered by Disqus