Python Tools for Visual Studio (PTVS) 2.1ではPythonによるプロジェクトのテンプレートが何種類か用意されています。

PTVS2.1のプロジェクト

PTVS2.1のプロジェクトには以下の種類があります。

新しいプロジェクトダイアログ

それぞれのプロジェクトが作成できるアプリケーションは以下の通りです。

  • From Existing Python Code
    • 既存のコードからプロジェクトを作成
  • Python Application
    • CPythonによるコンソールアプリケーションを作成する
  • Azure Cloud Service
    • Microsoft Azureのクラウドサービスを作成する
  • Web Project
    • ファイルを含まない空のWebアプリケーションプロジェクトを作成する。
  • Bottle Web Project
    • Bottleフレームワークを使ったWebアプリケーションを作成する
  • Django Web Project
    • Djangoフレームワークを使ったWebアプリケーションを作成する
  • Flask Web Project
    • Flaskフレームワークを使ったWebアプリケーションを作成する
  • Flask/Jade Web Project
    • FlaskフレームワークとJadeを使ったWebアプリケーションを作成する
  • IronPythyon Application
    • IronPythonによるコンソールアプリケーションを作成する
  • IronPythyon WPF Application
    • IronPythonによるWPFアプリケーションを作成する
  • IronPythyon Silverlight Application
    • IronPythonによるSiverligtアプリケーションを作成する
  • IronPythyon Windows Forms Application
    • IronPythonによるWindows Formsアプリケーションを作成する

BottleFlaskは軽量なWebアプリケーションフレームワークで、マイクロフレームワークとも呼ばれています。構成するファイル数が少なく、提供する機能も少ないのですが、その分フレームワークの見通しがよく、必要に応じて拡張もしやすいかと思います。

Webノードの下にはサンプルコードを含まないブランクのWebアプリケーションを作成するメニューがあります。

  • Blank Bottle Web Project
  • Blank Django Web Project
  • Blank Flask Web Project

があります。

PTVSではWebアプリケーションのプロジェクトが多く追加されています。 採用されたWebフレームワークがどのように選ばれたのか経緯はわかりませんが、 有名なDjangoをはじめ人気のあるフレームワークが選ばれたのかもしれません。 今後は、Pylonsなど他のWebフレームワークも採用されるかもしれません。

次からはWebのプロジェクト、特に軽量なフレームワークであるBottleによるWebアプリケーション作成を見ていきます。



Comments

comments powered by Disqus