RN-42XVPの設定

BluetoothモジュールのRN-42XVPを実際使ってみます。

RN-42XVPはそれ自身でBluetoothのペアリングを行い、RFCOMMで通信します。 このBluetooth通信の設定は、PCからRN-42XVPにUSB-シリアル変換アダプタで接続して行います。

RN-42XVPとUSB-シリアル変換モジュールは次のように結線します。 USB-シリアル変換モジュールのドライバが必要ならインストールしておきます。

RN-42XVP ⇔ USB-シリアル変換
VDD (1pin) ⇔ VDD
TX (2pin) ⇔ RX
RX (3pin) ⇔ TX
GND (10pin) ⇔ GND

RN-42XVPのピン配列

(RN41XV-RN42XV Datasheetから引用)

RN-42XVPとUSB-シリアル変換モジュールの接続

RN-42XVPとPCを接続したら、TeraTermなどのシリアル通信の端末エミュレータでシリアルポートに接続します。 通信パラメータは、9600bps、8ビットデータ長、パリティなし、1ストップビット、フロー制御なし、です。

端末エミュレータの通信パラメータ設定

シリアルポートで接続できたら、"$$$"と入力してRN-42XVPのコマンドモードに入り、SPPのマスターとして動作させるためにコマンドを入力します。最後に"---"(ハイフン3個)を入力して、コマンドモードから抜けます。

$$$
SM,4
S~,0
R,1
---
  • 1行目は自動的にマスターとして接続するモードを設定します。
  • 2行目はSPPモードで動作するよう設定します。
  • 3行目はRN-42XVPをリブートします。

参考: RN41/RN42 Bluetooth Data Module Command Reference User's Guide

RN-42XVPの設定を終えたので、次回はmbedとRN-42XVPを接続して、Windows Phone 8.1とmbedを連携させてみます。



Comments

comments powered by Disqus