USBドングルによるmbedからのBluetooth連携

以前の記事「BluetoothによるWindows Phoneとデバイスの連携」で Windows PhoneとmbedをBluetoothで連携させるために、mbedのUSBピンに Bluetoothドングルを接続する方法を紹介しました。

このときはUSBスタックとしてmyBlueUSBを使い、RFCOMMでWindows Phone側と連携しました。 myBlueUSBはmain関数を持つプログラムで、そこにデータを受信したときのカスタム処理を記述します。

データ受信のイベントで処理を駆動する形でプログラムを書くのであればこれでもいいのですが、 自分でmainを定義するプログラムにmyBlueUSBは使えません。また、USBスタックのコードで 全体の見通しが悪いのも使い勝手が悪いです。

そこでRN-42XVPを使って、USBやBluetoothのプロトコルを意識することなく、mbedからBluetoothを使えるようにします。



Comments

comments powered by Disqus