MVVMパターンを使ってストアアプリを作成するとき、何かしらのフレームワークを使うかと思います。 Prism for the Windows Runtimeはストアアプリ向けのMVVMフレームワークです。

PrismはもともとはWPFでコンポーネントを組み合わせて作る複合的なアプリケーションを 開発するためのフレームワークですが、MVVMパターンを取り入れたりして複雑になっています。

Prism for Windows Phone 7.xやPrism for the Windows Runtimeは、 MVVMパターンでアプリを開発するためにMVVMパターンのフレームワークを 切り出したライブラリです。

このシリーズではWindows 8.1ストアアプリをPrismを使って開発する方法をまとめます。

Prism for Windows Runtimeの参考資料

Prismをストアアプリに適用する方法は、Dev Center - Windows Store appsで Developing a Windows Store business app using C#, XAML, and Prism for the Windows Runtime として公開されています。BookとしてPDFファイルが公開されていますが、 日本語の翻訳版は古い1.0版なので、英語版をお勧めします。

PrismによるStoreアプリのサンプル "Developing a Windows Store Business App using C# and Prism with MVVM" も公開されています。ビルドして実際に動かしながらコードを読んでみるとよいかと思います。

Prism for Windows Runtimeの準備

Visual Studio 2013のプロジェクトテンプレート "Prism for the Windows Runtime Templates (Win 8.1)" が公開されています。これをインストールしておきます。

実際のコードはその2から作っていきます



Comments

comments powered by Disqus