熊小屋日誌

Windows 10 UWPやXamarin, Python、mbed/NetMF/Arduino/Edison, Azureなどぼちぼちと。たまにPCや勉強会、セミナーなどの話題も

Windows 8.1ユニバーサルアプリ、Windows 10 UWPアプリのアイコン作成

Windows 8.1ユニバーサルアプリ(Windows 8.1ストアアプリ、Windows Phone 8.1アプリ)、そしてWindows 10 UWPアプリのアイコンを作成するとき、様々なサイズのアイコンを作成する必要があります。

Logo Maker

アイコン画像のデータがPNG・JPEGなどのビットマップ画像の場合、高橋さんのWindows Store App Logo Makerが有名です。 指定した画像ファイルから、Windows 8.1ユニバーサルアプリやWindows Phone 8向けの各種サイズの画像ファイルを 生成できて、元ファイルのトリミング・背景色の指定もできて便利です。

Windows Store App logo Maker

また、Windows 10 UWP版もあります。

Inkscape, ImageMagickでの生成

私の場合、元データをSVGファイルで準備して、そこから各種サイズのPNGファイルを作成しています。 SVGファイルからPNGファイルの生成では、リサイズをImageMagickのconvertで、 PNGファイルへのエクスポートをInkscapeを使って、バッチファイルで一括処理しています。

べたな書き方ですが、バッチファイルはこんな内容です。

リサイズ

@echo off
set _INFILE=%1
set _WIDTH=%2
set _HEIGHT=%3
set _OUTFILE=%4

"C:\Program Files\ImageMagick-6.9.1-Q16-HDRI\convert.exe" %_INFILE% -resize "%_WIDTH%x%_HEIGHT%>" -size %_WIDTH%x%_HEIGHT% xc:transparent +swap -gravity center -composite %_OUTFILE%

set _HEIGHT=
set _WIDTH=
set _OUTFILE=
set _INFILE=

PNGファイルのエクスポート

set _INFILE=%1
set _WIDTH=%2
set _HEIGHT=%3
set _OUTFILE=%4

"c:\Program Files\Inkscape\inkscape.exe" --export-png %_OUTFILE%  --export-area-page --export-width %_WIDTH% --export-height %_HEIGHT% %_INFILE%

set _HEIGHT=
set _WIDTH=
set _OUTFILE=
set _INFILE=