熊小屋日誌

Windows 10 UWPやXamarin, Python、mbed/NetMF/Arduino/Edison, Azureなどぼちぼちと。たまにPCや勉強会、セミナーなどの話題も

Windows Store App

Multilingual App Toolkitのv4.0.1466.0ベータ版

Windows Phone 8.1アプリ、Windows 8.1ストアアプリの多言語化を支援するツールキットの"Multilingual App Toolkit"(MAT)ですが、 Windows 10 UWPアプリ、Xamarinアプリの多言語化をするにはv4.0のベータ版が必要です。 現在はv4.0.1466.0ベータ版がVisual S…

Visual Studio 2015のリポート機能でのトラブル報告~Package.appxmanifest関連

この週末に起きたVisual Studio 2015のトラブルで、このブログの記事作成やアプリ開発が止まってしまいました。 Visual Studio 2015 Update1 RCでのPackage.appxmanifestのトラブル 今回悩まされた現象は、Visual Studio 2015 Update1 RCでWindows 8.1ユニバ…

アプリのアイコン作成~InkscapeによるSVGからXAMLへの変換

前回の記事「Windows 8.1ユニバーサルアプリ、Windows 10 UWPアプリのアイコン作成」で、 Inkscapeを使ってSVGファイルからアイコンの画像ファイルを作成していると書きました。 blog.strawhat.net Package.appxmanifestで指定するアイコンはビットマップ画…

Windows 8.1ユニバーサルアプリ、Windows 10 UWPアプリのアイコン作成

Windows 8.1ユニバーサルアプリ(Windows 8.1ストアアプリ、Windows Phone 8.1アプリ)、そしてWindows 10 UWPアプリのアイコンを作成するとき、様々なサイズのアイコンを作成する必要があります。 Logo Maker アイコン画像のデータがPNG・JPEGなどのビットマ…

Bingマップのプッシュピンにプロ生ちゃんを表示してみる(Windows 8.1編)

これは”プロ生ちゃんアドベントカレンダー”の13日目です。 プロ生ちゃんとは ご存じの方も多いかと思いますが、プロ生ちゃんこと暮井慧ちゃんはIT・開発系コミュニティ「プログラミング生放送」のキャラクターです。イラスト、音声、アイコン、3Dデータなど…

Prism for the Windows Runtimeでストアアプリ(その2)

Visual Studio 2013にインストールした "Prism for the Windows Runtime Templates (Win 8.1)"を使って ストアアプリを作っていきます。 Prism for the Windows Runtime Templatesで追加されるもの Prism for the Windows Runtime Templatesをインストールし…

Prism for the Windows Runtimeでストアアプリ(その1)

MVVMパターンを使ってストアアプリを作成するとき、何かしらのフレームワークを使うかと思います。 Prism for the Windows Runtimeはストアアプリ向けのMVVMフレームワークです。 PrismはもともとはWPFでコンポーネントを組み合わせて作る複合的なアプリケー…